【メガネ業界必見】パリミキ・金鳳堂を運営する株式会社三城ホールディングス、Canly導入により劇的な業務工数改善と店舗情報の正しい提供を実現

次世代のインフラを創るをミッションとしている株式会社Lerettoは、パリミキ・金鳳堂を運営する日本最大級の眼鏡専門店チェーン株式会社三城ホールディングにGoogleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理する「Canly(カンリー)」の提供を開始いたしました。

詳細についてはこちらよりご覧ください。

1. 導入背景

パリミキ・メガネの三城、金鳳堂を運営している株式会社三城ホールディングスは、これまで多額の広告費用を投資し集客戦略を行っていた。並行して、Googleマイビジネスにおける店舗情報の管理・運用に自社で取り組んでいたものの、新型コロナ対応等で営業時間が急遽変更になった際の対応や、お客様からの口コミに対する対応が対応できず、同社の悩みの種となっていた。

2.今後への期待

このような背景のもと、株式会社三城ホールディングスはGoogleマイビジネスページ管理時間の大幅削減やスピーディーな最新情報の提供、口コミデータ分析を目的に、株式会社Leretto(リリット)が運営するCanly(カンリー)の導入を決定した。
Canly(カンリー)の導入により、全店舗で一括の店舗情報の更新ができるためこれまで課題となっていた運用コストの削減が可能になり、Google検索・Googleマップの双方からの集客基盤体制を作る事が可能となった。Canly導入後、8割近くの作業工数を減らせたとして、今後も継続して運用していく方針としている。

3. Canly(カンリー)について
Canly(カンリ―)は、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービス。(国際特許申請済)
サービスページ:https://jp.can-ly.com/
資料請求はこちら:https://jp.can-ly.com/contact/

4. 本件に関する報道関係者からのお問合せ先
株式会社Leretto 担当:岡本
メールアドレス:info@leretto.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。