「カラオケBanBan」を運営する株式会社シン・コーポレーションがデジタルマーケティング推進と若年層に向けたブランディング向上に向けCanly(カンリー)を導入へ

次世代のインフラを創るをミッションとしている株式会社Lerettoは、「カラオケBanBan」を運営する株式会社シン・コーポレーションにGoogleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理する「Canly(カンリー)」の提供を開始いたしました。

詳細についてはこちら。

1. 導入背景

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛により、カラオケ業態の売上は大きな影響を受け、ダメージの大きさは飲食業界や宿泊業界とも並ぶ。メインターゲットの若年層・シニア層も外出頻度が落ちており、店舗経営にダイレクトに影響が出ている。

カラオケ業態でも代表格である「カラオケBanBan」等を運営する株式会社シン・コーポレーションは、低価格・地域密着の戦略を取り定評を集めていたが、コロナ禍の影響を避けることができず、日本全国で運営する400以上の店舗の大多数が一時的な閉鎖に追い込まれた。

 2.今後への期待

そこで、取り入れたサービスが、Googleマイビジネスを管理するサービスCanly(カンリ―)だった。Canly(カンリ―)を使えば、Googleマップ上の各店舗の情報の一括管理は勿論の事、クチコミ管理や対策・運用コストの大幅削減が可能となる。これによりコロナ禍における機動的な営業時間の更新や、感染防止に対する店舗の取り組みなどの情報発信が容易となり、コロナ禍の環境にマッチしたGoogleマップを起点としたウェブ集客やデジタルマーケティング強化を狙う。

 3. Canly(カンリー)について

Canly(カンリ―)は、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービス。(国際特許申請済)
サービスページ:https://jp.can-ly.com/
資料請求はこちら:https://jp.can-ly.com/contact/

4. 本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社Leretto 担当:岡本
メールアドレス:info@leretto.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。