(株)東急百貨店 Googleマイビジネスの一括管理に向けCanlyを国内主要店舗に導入を決定

次世代のインフラを創るをミッションとしている株式会社Lerettoは、(株)東急百貨店にGoogleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理する「Canly(カンリー)」の提供を開始いたしました。

詳細についてはこちら。

1. 導入背景

新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛の影響を受け、小売業態の販売は大幅に減少しており、小売業態のダメージの大きさは飲食業界や宿泊業界と並ぶ。それは大手企業も例外ではなく、新型コロナがもたらす環境の変化に迅速に対応できるかが今問われている。

コロナ禍において、ユーザー行動がインターネット中心へ急速にシフトし、ユーザーは買い物をする前に検索結果ページの右側に表示される店舗情報やレビューを事前にきちんとチェックし、短時間で効率的に買い物をするようになった。だからこそ、事業者側にとってGoogleマイビジネスでこれらの店舗情報を正しく管理し、正確な情報を世の中へ提供しながら口コミを管理することは、このご時世の中でも重要な位置付けであることは言うまでもないが、対応出来ている企業は未だ少数である。

そのような状況に対応できるのがGoogleマイビジネスを管理するサービスCanly(カンリ―)である。Canly(カンリ―)を使えば、Googleマップ上の各店舗の情報の一括管理は勿論の事、各SNSアカウントも一括管理することが出来る。SNSアカウントも一括管理出来るシステムは日本初であり、これにより運用コストの大幅に削減や、Googleマップを起点としたインバウンド流入強化が見込まれるとして、数多くの各企業から運用申し込みを受けている。

今回、東急百貨店もGoogleマイビジネスの管理のためにCanly(カンリ―)導入をいち早く決定した。

 2.今後への期待

東急百貨店のように複数店舗を運営する会社にとって、新型コロナへの対応などで営業時間が変更になった場合の対応や、数多く寄せられる口コミの管理は工数がかかり悩みの種だった。Canly(カンリ―)導入に際し、東急百貨店担当の市川氏・小林氏も「お客様からの口コミは多数いただいていたものの、体制上の問題もありご要望の反映までに多大な時間を要してしまうという課題がありました。Canly(カンリ―)を導入することにより、Googleマイビジネスに数万とあるお客様からのご要望を徹底的に現場に反映させ、より良い売り場運営体制を作っていけたらと考えております」とコメントしている。

Googleマイビジネスを管理するCanly(カンリ―)は、コロナ禍における小売、店舗業界にとって、管理・マーケティング・コストのサポートや効率化が期待できる強い味方となる。

 3. Canly(カンリー)について

Canly(カンリ―)は、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービス。(国際特許申請済)
サービスページ:https://jp.can-ly.com/
資料請求はこちら:https://jp.can-ly.com/contact/

 4. 本件に関する報道関係者からのお問合せ先

株式会社Leretto 担当:岡本
メールアドレス:info@leretto.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。